Words 用語解説集

労働分配率

立場によって解釈は異なるが、企業でいうと、利益に対する人件費の割合の事であり、国でいうと国民所得の中に占める賃金の割合を指す場合である。日本では一般的に「人件費」が【固定費】という見方が強く、企業業績の増減とは関係なく支払われるのが大勢であり、よって景気低迷期においても企業業績は増減するものの人件費は高止まりする傾向がある。
それに対し欧米企業の人件費に対する見方は【変動費】という意識が強く、不況期には企業業績の低迷に応じて人件費のカットが考慮され、また好況期には人件費が逆に高くなるため総じて労働分配率の振れ幅が高く、労働者がそれだけリスクを負っていることになる。