大髙 将義 Masayoshi Otaka
大髙 将義Masayoshi Otaka
ファイナンシャルアドバイザー
  • 法政大学卒業後、旧住友信託銀行(現三井住友信託銀行)に入社
  • 個人のお客さま向け資産運用コンサルティング業務、厚生労働省出向を経て、企業年金の制度企画業務に従事
  • 2020年にファイナンシャルスタンダード入社

ファイナンシャルスタンダードにはお客さまの資産全般に関する最適な提案を行える仕組みがある

中立的な立場で、長期的な目線でお客さまの資産運用に関するお悩みを解決できるコンサルティングを行いたいと思い、ファイナンシャルスタンダードに入社しました。
当社のアドバイザーは、「この提案はお客さまに本当に最適なのか」と、全員が真剣に考え、議論を行っています。

組織としてお客さまに最適な運用プランのご提案を行うことを仕組みとして担保していること、また資産運用だけではなく、保険や相続対策、不動産など資産全般に関するコンサルティングをワンストップで行える環境が整っていることもファイナンシャルスタンダードの強みです。

資産形成に関する日本の環境が大きく変わろうとしている

ファイナンシャルスタンダードにおけるコンサルティングでは、まずお客さまにヒアリングを行い、資産運用の目標を共有することから始まります。当然ながら目標はお客さま一人ひとりの取り巻く状況やご意向により異なります。誠実にお客さまと向き合い、ご納得いただけるまで時間をかけて丁寧にご提案させていただきます。

「人生100年時代」のもと、定年延長や年金制度改革など、資産形成に関する日本の環境が大きく変わろうとしているなか、自己責任での資産運用がますます求められています。長期に亘り全力でサポートさせていただくとともに、お客さまのお力になれるよう日々精進してまいります。

Photograph

10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

CLOSE

当社についてもっと知りたい方はこちら

経済・金融の最新情報をお届けするメルマガと、
私たちについて詳しくご理解いただける資料をご用意しています。