ABOUT IFAIFAとは

IFAとは

IFAIndependent Financial Advisor独立系ファイナンシャルアドバイザー

IFA(Independent Financial Advisor)とは、「独立系ファイナンシャルアドバイザー」とも呼べる資産運用の専門家です。金融商品仲介業者として、内閣総理大臣の登録を受けた事業者であり、金融機関から独立した立場でお客様に資産運用のアドバイスを行います。

IFA法人が証券会社と業務委託契約を結ぶことで、証券会社の取扱商品やサービスをお客様にご提供(仲介)できるようになります。したがって、資産形成や資産運用のご相談に留まらず、証券口座の開設や金融商品の購入、その後のサポートまでをワンストップで行えます。

また、IFA法人は、お客様から相談料などの報酬を受け取りません。お客様が金融商品の購入や保有で証券会社に支払う手数料を、証券会社とIFA会社でシェアする仕組みになっているためです。

当社(IFA)・証券会社・お客様の関わり方

当社(IFA)・証券会社・お客様の関わり方

IFAとFPの違い

ファイナンシャルプランナー(FP)は一般的にファイナンシャルプランニングを専門に行い、資産運用に対する金融商品の具体的な提案や実行支援は行えません。具体的な商品の提案などを行うには、金融商品仲介業や投資助言・代理業などの登録が必要となるためです。

一方でIFAは、ファイナンシャルプランニングに加え、具体的な金融商品の提案や実行支援までをワンストップで行えることが強みと言えます。

IFAの特徴

運営コストが低く、お客様に寄り添った提案が可能

IFAは、事業運営のためのシステムなどを証券会社から提供してもらえるため、運営コストを低く抑えることができます。また、お客様からの売買手数料に依存せずに事業運営を行えるため、お客様本位のご提案が可能です。

アドバイザー業務に特化

IFA法人は、アドバイザー業務に特化できます。アドバイザーとしての専門性を磨き、様々な付加価値を提供することが可能です。ファイナンシャルプランニングに強みを持つ会社、きめ細かなサポートが強みの会社など、IFA法人にはそれぞれ特徴があります。ご自身に合ったIFA会社を見つけることは、長期の資産運用において大きな恩恵が期待できます。

提案資料

IFAに相談するメリット

全てのIFAがということでありませんが、証券や保険、不動産などの資産全般に関わる相談が行えることが、利用する上で最も大きなメリットといえるでしょう。

原則として転勤のないIFAは顧客と長期的な関係になることが多く、ライフステージの変化による対応を同じアドバイザーが行ってくれるため、一貫性のある提案を受けることが出来ます。

IFAへ支払う相談料の目安

相談料については直接受け取っているケースは少ないようです。

手数料という視点でいくと、購入時や保有時など、商品に係る手数料は発生します。

例えば、投資信託を例に解説すると、商品を購入する際の手数料は、無料のものから3%前後かかるものまであり、信託報酬などの維持コストも0.1%前後のものもあれば、年間で2%前後かかるものも存在します。

相談料がかからないからといって、無造作にIFAを選んでしまうと、上記のような商品の中で手数料が高いものばかりを提案されるということになりかねないので、この点も注意が必要です。

IFA相談でよくある質問

一覧はこちら

IFAのご相談はこちら

お問い合わせはこちら
10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

まずは無料個別相談を受けてみませんか?

CLOSE

当社についてもっと知りたい方はこちら

経済・金融の最新情報をお届けするメルマガと、
私たちについて詳しくご理解いただける資料をご用意しています。