神田 尚季 Naoki Kanda
神田 尚季Naoki Kanda
ファイナンシャルアドバイザー
  • 岡山大学卒業後、旧中央三井信託銀行(現三井住友信託銀行)に入社。
  • 資産運用コンサルティング業務、本部営業推進業務等に従事。
  • 2019年にファイナンシャルスタンダードに入社。

お客様の「気持ち」を大切にし、運用プランをご提案していく

私たちのコンサルティングでは、ご家族のことから現在の資産状況、そして収入や支出などについて、お客様から様々なことをお聞きします。そのように丁寧にお聞きした情報が、資産運用の目標を共に考え、運用プランをご提案するためのベースとなります。

しかし、お聞きした情報から合理的なご提案をすることが、必ずしも正解ではないと思っています。お客様はそれぞれ許容できるリスクの範囲が異なります。そうしたお客様の気持ちまでを考慮し、運用プランをご提案するようにしています。

入社して感じたのは、アドバイザーのお客様を想う気持ちの強さ

IFAという立場でお客様の資産運用を支えていく当社を知ったとき、私は「ここに入社したい」と強く思いました。前職時代に理想としていたコンサルティングを、ファイナンシャルスタンダードでならできると感じたのです。

当社には、前職で高い実績を残しているアドバイザーが揃っていますが、「お客様のお役に立ちたい」という強い想いを全員が持っています。そうした想いを持つアドバイザーだからこそ、長期に渡ってお客様の資産運用を支えていくことができますし、お客様本位のご提案ができるとも思います。

Photograph

10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

CLOSE

当社についてもっと知りたい方はこちら

経済・金融の最新情報をお届けするメルマガと、
私たちについて詳しくご理解いただける資料をご用意しています。