ファイナンシャルスタンダード
03-6268-0900
無料相談
About

CASE STUDY

事例・ケーススタディ

これまで、当社がお客様の悩みをどのように解決して行ったのか、
相談事例・ケーススタディを踏まえて、ご紹介いたします。

事例3 生命保険の見直し

相談事例3

生まれた子供をきっかけに、保険の見直しを

生命保険の見直しの事例

30代(ご夫婦)

お子様が生まれたことをきっかけに、今まで加入していた保険を見直したいとの事。
加入していた保険担当者の話や、最寄り駅の保険ショップ等に相談したが、納得のいく提案がなかったたと、弊社に相談に来られました。

家族構成

ご主人A様(大手メーカー営業勤務)年収約600万円
奥様(大手メーカー事務勤務)年収約400万円
お子様(生後半年の男の子)

コンサルティングの内容

お客様へのヒアリング・FSカルテの作成

【ヒアリングを通し、わかったこと】

・出産をきっかけに奥様が仕事を退職された為、世帯のフロー収入が減る。
・お子様の学資保険の加入を検討したい。
・現在は、会社のローン制度を利用して、月10万円のローン返済を行っている。
 5年前にローンを組まれており、変動で組んでいるが、固定への見直しを検討している。
・現在加入している保険は、更新型の終身保険(月額20000円)のみ。奥様は保険未加入。

FSカンファレンスで議論

【挙げられた問題点】

・現在加入されている保険は2年後に更新を控えており、フロー収入が減ることと併せて、
 家計の収支バランスを崩す可能性があるということ。
・奥様が退職される予定ということで、現在加入されている契約内容では保障額が不足しているということ。
・保険の見直し以外に、奥様が現時点で一定の貯蓄をされており、運用方法についての悩みもお持ちであること。

お客様へのご説明・ご提案

保険の提案内容については、現在の支払い保険料を変えずに、保障額・税制メリットを最大限活用出来るようにご提案致しました。

尚、奥様のご運用の意向については、貯蓄型の保険の払込方法を工夫することで、運用と学資保険の要素を兼ね備えた形でご提案致しました。

別途、保険以外の部分については、投資信託を活用したご提案を行い、住宅ローンについては、 当社ネットワークの専門業者との連携によるサービスにより、固定金利への借り換えを実行して頂きました。