はじめに
次世代通信システム「5G」に対する期待は日々高まっており、そして早期実用化に向けた動きは政府や民間企業を問わず加速しています。5Gは私たちの生活や社会に革新をもたらす通信技術であると考えられており、具体的にどのような変化が生じるか、何が可能になるのかシミュレーションしてみることで5Gに対する理解は一層深まるでしょう。

そこで本コンテンツでは、5Gの概要とそれにより生じる変化についてまとめました。

5Gとは?
5Gとは「第5世代移動通信システム(5th Generation)」を略した呼称で、通信分野における国際的な規格のひとつです。

現在の「第4世代通信システム(4G)」に代わる画期的な移動通信サービスを実現することが可能な技術として、東京オリンピックが開催される2020年までの実用化を目指す総務省の後押しを受けた多くの通信企業により他者に先駆けた早期の実用化に向けた動きが加速しています。

5Gで世界はどう変わる?
5Gには、4Gの単純な延長とはいえないほどの技術革新が実現化されると考えられており、自動車や医療機器など様々なモノをインターネットに接続することを可能にする技術であるIoT(Internet of Thing)の基盤としても大きな期待が寄せられています。その代表的な技術革新を3つ、それにより世界はどのように変わると考えられるのか、それぞれご紹介しましょう。

①超高速情報通信の実現
5Gの最高伝送速度は約100Gbpsであり、これは4Gの約100倍の速度です。つまり、現在の4Gより100倍も速いブロードバンドサービスが実現できるのです。これにより、例えば2時間以上の高精細な映画でも数秒でスマートフォンなどにダウンロードすることが可能になると考えられています。また、インターネットゲームなどにおいてはコンテンツがさらに大容量化したとしても、ストレスの無いプレイが楽しめるでしょう。

②超低遅延の実現
5Gの通信の遅れは1ミリ秒程度といわれており、4Gの10分の1程度です。ここまで通信遅延が縮小されると実質的にリアルタイムと何も変わらず、情報通信の信頼性がさらに高まります。

例えば、自動運転の分野では自動車が安全かつ効率性の高い運転を行うために事故回避の情報や交通情報をリアルタイムに収集する必要があるのですが、これは大容量かつ瞬時の情報伝送が必要とされるため現行のインターネット技術ではどうしてもタイムラグが生じてしまうことから、これが自動運転の実現化の大きな壁のひとつとなっています。

しかし、5Gにより情報伝送の超低遅延化が実現されれば、この課題は大きく解決へと向かいます。また、超低遅延の実現により利用者はタイムラグを意識することなく遠隔地のロボットなどを操作することが可能になることから、これにより手術などの遠隔治療が実現できる医療分野への応用が期待されています。

③多数同時接続の実現
1キロ平方メートルあたりで接続可能な機器の数は4Gだと約1万台程度ですが、5Gだと100倍の約100万台となります。これはIoT社会実現のために特に重要な技術とされています。

例えば、現行の技術では自宅内でインターネットに接続可能な機器はやパソコンやスマートフォンなどに限られていますが、この多数同時接続の実現により身の回りのありとあらゆる機器がインターネットに接続することが可能になるのです。また、工場などでは膨大な数のセンサーや生産機器がインターネットに接続することが可能になることから、それをコントロールセンターで集中的に操作することにより著しい生産性と品質の向上が期待できます。


まとめ
本コンテンツでは5Gにより革新が生じる分野の一例を挙げましたが、実際はこのほかにも様々な産業が5Gとの相乗効果で飛躍的に発展すると考えられます。そのようなセクター・銘柄を先行して見つけておくことは、特に株式投資の観点から有効ではないでしょうか。



>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?