カイロ大学卒・通訳・アナウンサー ~小池百合子都知事の経歴

2017/02/04

2016年7月31日、小池百合子氏が東京都知事として当選しました。同氏は初の女性都知事として注目されており、今後の活躍とともに過去の経歴も注目が集まりました。

小池百合子氏の経歴

小池百合子氏は関西学院大学社会学部に入学しましたが、後に退学しカイロ大学に留学、1976年10月同大学文学部社会学科を卒業します。国際連合の公用語にアラビア語が加わるというニュースを見て、通訳を目指したことが留学のきっかけであったと言われています。

1976年に卒業した後は、志した通り通訳として活躍します。1979年にはアナウンサーに転身、日本女性放送者懇談会賞を受賞した経歴もあります。

小池百合子氏の学歴詐称疑惑が拡散されるも後に誤報とされる

2016年に、「カイロ大学卒業が詐称なのではないか」という疑惑が持ち上がりました。これはとある女性芸能人がTwitterで「あのレベルのアラビア語で卒業できるわけがない」と指摘したことがきっかけです。

これに対して、小池百合子氏は卒業証明書を公開しました。上記芸能人は「偽物だ」と主張するものの、他の専門家などが「間違いなく本物だ」と答えています。

カイロ大学学長と同氏が交流している姿がたびたび報道され、また同学の100週年記念で彼女を讃えるコメントが送られていることからも、学歴に間違いはないとされています。

結局この一件では、小池百合子氏ではなく指摘した女性芸能人に非難が殺到することになりました。

自由民主党議員として長く政界で活躍を続ける

小池百合子氏が政界入りしたのは1992年のことです。当初は日本新党に所属していましたが解党に伴って新進党を経て自由党へ、最終的には自由民主党の所属となります。
2016年時点での当選回数は合計で8回です。

2003年の小泉政権では環境大臣に任命され、クール・ビズの旗振り役として活動しました。2006年の第1次安倍政権では防衛大臣に選ばれ、複数回の内閣入りも果たしています。2010年9月には自由民主党総務会長になるなど、活躍の場を積極的に広げています。

そして、2016年6月29日には東京都知事選挙に立候補することを表明。無事当選を果たし、ついに女性初めての東京都知事として就任しました。

長く政界で活動を続けていた小池百合子氏。一時は経歴詐称疑惑などのニュースなどはありましたが、結果的には多くの人々からの支持を受けることになりました。今後どのような活躍をするのか、専門家や都民だけでなく多くの方が期待、注目しています。

>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?

損をする落とし穴をわかりやすく解説 無料 投資信託セミナー

10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

CLOSE