上場のメリットとは?なぜ企業は上場を目指すのか

2016/08/16

竹中工務店・YKK・佐川急便・・日本には数多くの未上場大企業が存在します。一般的には会社の規模を大きくして上場を目指すケースが多いのですが、上場する事のメリットとはいったいなんでしょうか?

各証券取引所の厳しい審査を通過すると、企業は上場することができます。このメリットは多岐に渡り、資金調達だけに留まりません。社会的信頼・投資家からの信頼を得られ、次の成長へと駒を進めることができることが、経営者が上場を目指す理由です。

上場への厳しい審査基準

証券取引所によって、上場には厳しい基準が設けられています。二部上場をクリアし、そこから一部を目指すのが一般的な流れです。

・時価総額
株の公募価格×発行株数で算出することができる数値で、会社がもつ価値の目安となります。最も安価でもマザーズとジャスダックで10億円、最高額では東証一部で100億円がアベレージとなります。

・利益額
マザーズ、ジャスダックではこの基準を設けていませんが、その他取引所では経常利益または税引前利益のいずれかで、初年に1億円、直近1年間で4億円の水準が求められます。

・上場株式数と株主数
流動的で自由な取引を保証するため、発行株式数と株主数にも下限が設定されます。

条件クリアのため、財務状況の公開も必須です。経営体制・目指す方向性が健全という証明になるため、企業にとって上場は審査がいかに厳しくとも乗り越えたいハードルとなっています。

上場による知名度アップと優秀な人材の確保

上場することは、企業の知名度アップにも効果があります。なかでも影響が大きいのは新卒社員募集です。他の大手企業と肩を並べ有能な人材を獲得できるチャンスを得ることができます。

即戦力確保は、企業が成長する絶対条件でもあります。人材育成への経費が削減でき、成長性を高められることは、上場することでしか得られない強力なベネフィットです。

上場の最大のメリット 億単位の資金調達

企業の資金調達方法には2種類あります。株式発行によるものと、銀行からの融資です。上場することで、この両方を大幅に増やすことができ、さらなる事業へ着手することができます。

資金規模の例として、「平河ヒューテック」を挙げて詳しく見ていきましょう。
同社は、電線や放送機器製造業です。新規上場により、10億円強の株式資本を手にしました。その全てを工場設備のリニューアルに充て、製造力アップに成功しました。

経営陣にとって株式の上場は、企業が成熟した証です。上場前は業績の対価で収入を得るのみであった経営活動が、上場後はその業績を信頼し成長をのぞむ株主から出資を受ける環境へとステップアップできます。経営者として業界から認められるステータスも、企業が上場を目指す1つの理由です。

しかし近年「上場ゴール」という創業者利益の確定を目的とした上場が増えたと言われました。その結果、上場後の決算で大幅な下方修正を行い、株価が急落する企業が複数あり、証券取引所は今後更に審査を厳格化していく方針です。

>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?

▽さらに理解を深めるため、「セミナーに参加」してみませんか
損をする落とし穴をわかりやすく解説 無料 投資信託セミナー

10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

CLOSE