高級人間ドックの現状

2016/06/20

人間ドックと言えば、全身の検査をある程度詳しくしてもらえるものというイメージです。最近では企業のトップなどをターゲットとした高級人間ドックというものがあるようです。日程としては日帰りも一泊二日もあるようですが、検査内容は実に多岐にわたります。

いくつかコースがある病院もあるようですが、例えば腫瘍マーカーや腹部・頸動脈の超音波検査、胸部・上腹部・内臓脂肪のCT検査、頭部MRI検査、大腸や胃の内視鏡検査など、メニューがとても多様です。

大腸・胃の内視鏡検査などは、通常なら大腸や胃に何らかの具合の悪さを感じて病院を受診した際に受けるものというイメージでしたが、高級人間ドックでは体調にかかわらず検査メニューに組み込まれているのです。

他にも骨粗しょう症の検査や呼吸機能の検査、ピロリ菌の検査など多くの人がちょっと気になる部分についても検査項目に含まれています。かゆいところに手が届く内容ですよね。

万が一、検査で異常が見つかった場合にはその後の詳細な検査も当然その病院で受けられるようになっています。検査結果の連絡があって、再検査があると診断された場合に自ら予約を取って病院へ行くというのが一般的ですが、高級人間ドックであればアフターフォローも当初の検査の段階から約束されているようです。

高級人間ドックを受ける人には個室が用意され、検査期間中はその個室の中で特別に用意された食事をとる事ができます。検査の待ち時間もなく、問診や採血のような簡単なものは個室から出る事なく検査を行う医師や看護師が特別室まで来てくれるという場合もあるようです。

また、企業のトップなど利用する人がある程度社会的に地位のある人と見込んでいるため、その個室にオフィス機能があるという病院もあります。例えば電話・FAX・PCも用意され、インターネットも使える環境のようです。会議や接客もできる部屋の造りになっています。

金額も大きく違います。コースにもよりますが、日帰りで10万程度、一泊二日で検査内容が最も充実したコースであれば25万以上かかるものもあるようで、会員になると少し割引があるような人間ドックもあります。

また、入会金の他に年会費を払って受けられる、より特別な人間ドックというものも存在します。その内容はアンチエイジング・審美歯科・予防医学などにまで広がり、金額としては200万円を超えるようなものも。ここまでくるともはや一部のセレブのためのもので、健康診断のみならず美容・予防と考えうる全ての医療が詰まった内容です。費用と時間に余裕のある方は、お試しになるのもいいかもしれません。

>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?

損をする落とし穴をわかりやすく解説 無料 投資信託セミナー

10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

CLOSE