9月のおすすめ株主優待 – 権利確定日に合わせた優待生活のすすめ

2016/08/24

株主優待で選ぶ投資は、配当金以上の楽しみがあります。権利確定する企業が集中する9月は、年度末の3月と並んで注目のタイミング。配当利回りや投資額からご自身に合う投資先を選ぶことで、無理のない優待生活をスタートすることもできます。

9月の株主優待は8月に買って11月に売る

株主優待は、権利確定日までに株を指定数保有していることで受けられます。企業によって月末・27日までなど指定があるほか、30株以上・100,000円以上などの投資額に関するボーダーラインもあります。

確定月に入ると買いが集中し株価が上がります。また翌月は売りが集中しますので、確定月に対し2~3ヶ月のゆとりをもって運用すると安定した収益を上げることができます。

2月購入→5月売却(3月に権利確定)
5月購入→8月売却(6月に権利確定)
8月購入→11月売却(9月に権利確定)
11月購入→2月売却(12月に権利確定)

というサイクルを繰り返し、こまめなゲイン獲得を目指すのが理想のサイクルです。初めの資本金があれば、追加金を必要としない優待生活が叶います。

9月のおすすめ株主優待

企業の決算月は、9月・3月に集中しています。月末の権利確定日に合わせ買いが進みますので、ここでより多くの株主を取り込みたいのが経営陣の本音です。豪華で利回りの高い特典が必然的に増えますので、優待目的での投資先選びに最適なシーズンと言えます。

9月末確定の株は8月中に目星をつけ取引します。投資額や特典内容から比較し、ご自身に合う株を見つけてください。

・3,000円分の食事券が年2回受け取れる「カッパ・クリエイト・ホールディングス(7421)」
全国チェーンの回転寿司「かっぱ寿司」を展開する同社は、最低出資額は2016年7月末現在123,100円です。年に2回、3,000円分の食事券を受け取ることができます。

・2,000円分食事券が年2回受け取れる「アトム(7412)」
寿司・焼き肉・和食店を全国に展開する外食チェーンです。2016年7月末現在、100株(68900円)で、2,000円分のチケットを年に2回受け取ることができます。展開するレストランが多く、ジャンルも多岐にわたることから、使いやすい優待として個人投資家からの人気を集めています。

・1万円以下の投資で優待を受けるなら「アジアゲートホールディングス(1783)」
ゴルフが趣味という投資家の方は、「アジアゲートホールディングス」が狙いめです。9,400円の出資で、グループゴルフ場・提携ゴルフ場・併設ホテルの利用料割引が受けられます。割引率は5%~最大で30%。期間中なんどでもこの特典を利用できるのも株主優待だからこそです。

株主優待は、権利確定日までに指定株数を保有しているだけで受けられる特典です。9月と3月は権利確定する銘柄が集中していますので、8月ごろからめぼしい優待に買いが殺到すると考えられます。必要投資額や利回りから、ご自身に合う投資先の目星を早めにつけておきましょう。

※※注意事項※※
当コラムの内容はお客様にとり参考となる情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。
記載したコメントの内容及び関連銘柄一覧は、必ずしも将来実績を示唆するものではありません。
将来の投資収益が保証されているわけではなく、投資元本を割り込むリスクがあります。 投資の最終的決定はご自身の判断でなさるようお願い致します。

>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?

損をする落とし穴をわかりやすく解説 無料 投資信託セミナー

10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

CLOSE