ファイナンシャルスタンダードが運営する金融・投資信託・相続・不動産など
「資産運用」にまつわる最新情報・ノウハウ満載のコラムメディアサイト

ファイナンシャルスタンダードが運営する
「資産運用」にまつわる最新情報・ノウハウ満載のコラムメディアサイト

投資信託は専門家に学ぼう!運用・相談それぞれの専門家を一覧で紹介

2021/12/23

投資信託は、さまざまな専門家がチームとなって運用をしています。また、投資信託を選ぶときや戦略を立てるときにも、適切なアドバイスがもらえる専門家に相談することができます。

株式や債券毎の説明はもちろん、リスクを正しく判断し教えてくれるのも専門家です。

そこでこの記事では、投資信託の運用・相談ができる専門家について、それぞれを一覧で紹介していきます。

「資産運用」にご興味がある方は
お気軽にお問い合わせください

投資信託を運用する専門家一覧

投資信託を運用する専門家としては、「ファンドマネージャー」「アナリスト」「エコノミスト」「トレーダー」などがあげられます。投資信託は、これらの専門家がチームとなり、それぞれの役割を担うことで運用されているのです。

まずは投資信託を運用する専門家の特徴や役割を紹介します。

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーとは、投資信託の運用をまとめて指揮をする専門家です。ポートフォリオマネージャーと呼ばれることもあります。

ファンドマネージャーは投資信託の運用会社に属し、運用計画を立て、市場や銘柄の分析をしたうえで、最適なタイミングを図りながら売買を行うなど、投資家から預かった資産の運用全般を行います。

国内・海外の政治や経済、金融市場の動向をチェック・分析し、世の中の動きを踏まえて投資方針を決める役割を果たしています。

アナリスト

投資信託のアナリストは、相場や銘柄などをさまざまな視点から分析する専門家のことで、証券アナリストと呼ばれることもあります。

アナリストの主な役割は、投資分野における市場動向の分析、ファンドの財務分析、投資価値の評価などを行い、投資判断に必要な情報の提供やアドバイスを行うことです。

会社や株式ごとにも調査を行い、投資の対象にすべきかの提案をします。

エコノミスト

エコノミストもアナリストと同様に調査・分析・判断をする専門家ですが、アナリストはさまざまな視点から幅広い分野の分析を行うことに対し、エコノミストは経済分析に特化した分析を行うという点に違いがあります。

日本国内をはじめ世界の景気、経済状況の調査・分析を行うエコノミストは、ファンドマネージャーが最適なタイミングで売買を行うために重要な役割を担っています。経済学の専門家とも言えるでしょう。

トレーダー

トレーダーは、ファンドマネージャーからの指示で売買を行う実務に特化した専門家です。

株式市場はリアルタイムで変化しています。どの銘柄をどのタイミングで売買するかを決定するのはファンドマネージャーですが、取引手数料などのコストを最小限に抑えながら、実際の売買を行うのはトレーダーの仕事です。

投資信託の相談ができる専門家一覧

投資信託では、自分に合った相談相手を見つけることが成功への第一歩だと言われています。

そこで続いては、投資信託の相談ができる専門家を一覧で紹介します。それぞれの専門家の特徴やメリット・デメリットを把握しておきましょう。

企業系ファイナンシャルプランナー(FP)

企業系ファイナンシャルプランナー(FP)とは、銀行、証券会社、保険会社などの企業に所属して活動するお金の専門家です。

企業系ファイナンシャルプランナーに投資信託の相談をするメリットは、身近な金融機関や保険会社に所属しているため、気軽に相談しやすいことがあげられます。また、資産運用だけではなく、保険や住宅ローン・税金などについても合わせて相談できることもメリットとなります。

ただし、企業系ファイナンシャルプランナーは企業に所属しているため、その企業の販売方針に従って企業が売りたい金融商品をすすめられる可能性がある点には注意しましょう。また、ファイナンシャルプランナーはお金に関する相談・アドバイスを行う専門家のため、金融商品の売買仲介を行うことはできません。

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)とは、企業などには所属せず、個人または複数人で独立開業して活動するお金の専門家です。

独立系ファイナンシャルプランナーに投資信託の相談をするメリットは、どの企業にも所属していないため、中立の立場で相談者の目線に立ったアドバイスがもらえることです。また、企業系ファイナンシャルプランナーと同様に、投資信託だけなくお金全般の専門家として保険や住宅ローン・税金の相談ができることもメリットとなります。

ただし、企業系ファイナンシャルプランナーと同様、相談・アドバイスを専門としているため、金融商品の売買仲介はできません。また、独立系ファイナンシャルプランナーはお金に関する相談・アドバイスを生業としているため相談料が必要です。

独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)

独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)とは、証券会社と業務委託契約を結び、資産運用の相談・アドバイスを行う専門家です。

証券会社の社員ではないため、中立的な立場で一人ひとりに合った投資信託のアドバイスをもらうことができます。資産運用に関する専門的な知識が豊富で初心者にも分かりやすく説明してもらえるため、投資信託の知識が全くないという方も安心して相談しやすいでしょう。

また、独立系ファイナンシャルアドバイザーは金融商品の売買仲介、資産運用の実行も可能です。相談・アドバイスだけでなくトータルサポートが受けられる点が、独立系ファイナンシャルアドバイザーの最大のメリットと言えるでしょう。

ただし、独立系ファイナンシャルアドバイザーは、企業系ファイナンシャルアドバイザー、独立系ファイナンシャルアドバイザーと比較すると人数が少ないため、自分にあった専門家を見つけるのが困難である点がデメリットと言えます。

投資信託の専門家をお探しならファイナンシャルスタンダードにご相談ください

ファイナンシャルスタンダードには、投資信託の専門家として多数の独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)が在籍しています。ファイナンシャルプランニングに加え、具体的な金融商品の提案や実行支援までをワンストップで行い、ご相談は無料です。

また、ファイナンシャルスタンダードでは、定期的な面談や「資産運用」「投資信託」「積立運用」「退職金運用」などに関する各種セミナーの開催など、アフターフォローも充実しています。投資信託の相談はもちろん、保険や不動産、相続、事業継承などの相談についてもまとめて対応可能な点が当社の強みの一つです。お客様のご要望をしっかりとうかがい、初心者の方にも分かりやすく丁寧な説明を心がけています。

投資信託の専門家をお探しなら、ぜひファイナンシャルスタンダードにご相談ください。

▽ファイナンシャルスタンダードのアドバイザーにお気軽にご相談ください 資産運用をお考えなら 個別無料相談
▽ファイナンシャルスタンダードのセミナーに参加してみませんか
損をする落とし穴をわかりやすく解説 無料 投資信託セミナー
10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

まずは無料個別相談を受けてみませんか?

CLOSE