投資信託のやり方は簡単?種類やはじめ方、失敗しないコツ

2021/07/30

運用のハードルが高く、難しそうと思われがちな投資ですが、その中でも投資の専門家に運用をしてもらう投資信託は初心者の方にもおすすめの投資方法です。自分に深い知識がなくてもプロが運用を行ってくれるため、忙しい人でも気軽に投資を始める事ができます。

少額から始めることができるなど、様々なメリットがある投資信託ですが、そのやり方は難しくないのでしょうか?投資信託の仕組みや始め方、種類による特徴の違いなどをご紹介していきます。

投資信託のやり方

投資信託は、さまざまな投資商品のなかでも始めるまでのハードルが低く、初心者でも簡単に投資のやり方を学ぶことができます。

また、他の投資商品と比べるとリスクを抑えた投資を行うことも可能です。

投資や経済分析に精通した専門家が、投資家から集めた大きな資金をまとめて運用するのが投資信託という仕組みで、ファンドと呼ばれることもあります。

主に銀行や証券会社を通じて購入する投資信託は、投資対象や方針などによって無数に存在していますが、その投資対象や方針についてほとんどの情報が公開されていますので比較することも可能です。

資金を預け入れてしまえば、あとは専門家である投資信託の運用者に任せることができますので、日々のチャートを見続けたり、売買を繰り返す必要がないといわれるのも特徴の一つです。

日常的にお忙しいサラリーマンや事業主にとっても、投資信託のやり方やコツを短期間で理解して気軽に運用を開始しやすいことが投資信託の最大のメリットといえそうです。

投資信託の種類や違いを知ろう

投資信託のやり方は非常に単純ですが、実際に投資信託での運用をするときには、無数に存在している投資信託の中から投資先を選ばなければなりません。

初めての方は、あまりの種類の多さに少し戸惑ってしまいます。

投資信託を比較検討するには、投資対象のエリア、投資対象、運用方針等の違いについてしっかりと分析をすることが重要です。
投資対象のエリアとは、まず国内か外国かで分かれます。さらに外国の場合には先進国なのか、新興国なのかで分けることができます。
投資対象とは、株式や債券、不動産(REIT)、先物(コモディティ)などによる分類です。

つまり、国内の株式に限定した投資信託や、新興国の債券を対象とした投資信託など、さまざまな組み合わせによって投資信託の特徴が異なります。

さらに、運用方針として、インデックス型、アクティブ型、バランス型などがあります。
インデックス型は、日経平均株価やダウ平均などの指数に連動することを目標にして運用されるもので、数多くの種類があります。
コストはかかるもののインデックス以上の運用成績を目標とするのがアクティブ型で、確実な収益を積み重ねることを目標としているのがバランス型です。

投資信託の始め方

投資信託のやり方を理解したら、まずは証券会社に取引口座を開設して投資信託を購入するための資金を入金します。

証券会社の顧客ページにログインすると、取り扱っている投資信託が一覧で表示されますので、それぞれの特徴を見比べながら購入する投資信託を選びます。

投資が可能な投資信託の種類は、証券会社ごとに異なりますので、具体的に投資したい投資信託がある場合には事前に取り扱いがあるかどうかを確認するようにしてください。

実際の投資額については、数百円単位から投資が可能な投資信託も数多くありますので、エリアや商品、運用方針などの特徴を見ながら少額の投資を始めてみることが、投資信託のやり方を身につける最短距離です。

投資信託で失敗しないやり方のコツ

個別の株式やFX、不動産などと比べると、投資信託は失敗することが少ない投資商品だと言えます。

ただし、ここまでに解説した通り、投資信託はそれぞれに特徴が異なりますので、アクティブ型で積極運用される投資信託の場合には、思い通りの運用が行われなかった場合のリスクも高くなります。

大きなリターンが得られる可能性のある投資信託には、大きな損失が出るリスクがあることを承知の上、しっかりと投資信託を比較検討するようにしましょう。

最後に

投資信託のやり方は、これまで投資の経験が無い方にとっても理解しやすく、証券会社に口座を開設するだけで運用を開始することができます。

投資信託の売買を何度か経験すれば、やり方が十分に理解でき、投資信託を選ぶことが楽しく感じられます。さまざまな種類の投資信託を購入することで、全体のバランスを整えるといったテクニックも使えるようになります。

しかし、どの銘柄を選べばよいのか分からない方や、投資信託のやり方が分からないという方には無料相談を実施していますので、弊社ファイナンシャルスタンダードまでお気軽にご相談ください。

▽弊社アドバイザーにお気軽にご相談ください 資産運用をお考えなら 個別無料相談
▽さらに理解を深めるため、「セミナーに参加」してみませんか
損をする落とし穴をわかりやすく解説 無料 投資信託セミナー
10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

まずは無料個別相談を受けてみませんか?

CLOSE