投資信託の選び方が知りたい!ファンド選びのポイントは?

2021/05/10

資産形成や老後の蓄えなど、投資信託による運用を検討される方が増えています。

しかし、いざ投資信託をはじめようと証券会社に口座開設をしてみると、いくつものファンドが並んでいるために、どれに投資するべきなのか悩んでしまう方が多いようです。

早く投資をはじめることが有利であるものの、間違ったファンド選びによって損失を出したくない。

こんな悩みを持って投資信託を始められない方のために、投資信託の選び方についてアドバイスをさせていただきます。

投資信託の選び方

投資信託の選び方には、絶対的な正解というものは存在していません。

なぜなら、投資信託を選ぶためには、ご自身の投資に対する目標設定が重要で、長期的な投資を基本としてプランに合ったファンドを選ばなければならないからです。

また、投資信託では多くの投資家から集めた資金を使って株式や債券などでの運用が行われますが、その投資対象については事前に目論見書などの説明資料に記載されていますので、必ずチェックする必要があります。

国内外の株式や債券や不動産など投資できる資産も多岐にわたり、それぞれのリスクとリターンの違いがありますので、各ファンドの特徴をしっかりと把握しましょう。

まずはご自身の投資計画やファイナンシャルプランを基本として、ファンドごとの特徴を活かしながら自分にとって最適なものを取捨選択することが、投資信託を選ぶポイントです。

投資信託でファンドを選ぶときのポイント

具体的にファンドを選ぶ際に参考にするべき情報について解説を進めます。

 

まず、投資信託の種類を大きく分けるのが、ファンドタイプです。

ファンドタイプには、インデックスファンドと呼ばれる指数に連動することを目標にした運用タイプのほか、指数以上の利益を求めるアクティブファンドなどに大別されます。

過去10年ほどは日経平均やダウ平均の伸びが堅調だったことや、運用コストが安いという点もありインデックスファンドが人気化している状況です。

 

次に、ファンドが運用している純資産総額もチェックしておくべきでしょう。

他の項目が全て同条件の投資信託であれば、運用額が大きなファンドの方が安心して資金を任せられるという方が多いのではないでしょうか。

実際は、運用内容による違いはあるものの、運用金額が多いこと自体によるメリットはそれほど多くはないといわれます。

例えば、時価総額がそれほど大きくない、いわゆる「小型株式」を投資対象とする場合

運用金額が少ない状態であれば、ファンドマネージャーが目利きした銘柄のみで運用することが出来ますが、純資産総額が大きくなりすぎると、目利きした銘柄だけでは運用を行うことが出来なくなってしまうことが多く、パフォーマンスを落としてしまう投資信託もしばしばみかけますので注意が必要です。

 

また、過去の運用実績についても確認をしましょう。

まずは、株式ファンドに代表される「市場環境によって運用実績が大きく変わるもの」と「市場環境に左右されづらいもの」があるということ理解しておきましょう。

その上で実績(リターン)を確認するということはもちろんのこと、その実績(リターン)を上げる中で、どの程度の振れ幅(リスク)があったのかということもしっかり確認しましょう。

一般的にはリターンのみに着目してしまう方が多いことかと思いますが、一度きりの人生で行う資産運用で大きな失敗をしない為には、それ以上にリスクを確認することが大事になってきます。

 

以上の3点が投資信託を選ぶポイントとして最も重要ですが、さらに細かな点では売買手数料や信託報酬などの投資にかかるコストなどももちろん重要です。

証券会社のオンラインシステムでは、ランキングや診断ツールなどを用意していますが、ご自身の投資計画に合ったファンド銘柄を選ぶことを優先してください。

最後に

投資信託の選び方について、重要なポイントをまとめてご紹介しました。

資産運用や老後の蓄えなど、皆さまのそれぞれの投資目標を具体的に設定することを第一として、数あるファンドの中から最適なものを見つけ出すことを目標としてください。

ただし、どうしても投資信託を選ぶことが難しいと感じられる方は、無作為に選んだファンドに投資することなく、資産運用の専門家に相談することも検討してください。

資産運用をお考えなら 個別無料相談
▽さらに理解を深めるため、「セミナーに参加」してみませんか
損をする落とし穴をわかりやすく解説 無料 投資信託セミナー
10,000人が参加した投資信託セミナー 受付中

まずは無料個別相談を受けてみませんか?

CLOSE