ここまで、メジャーリーグ選手の年金制度について紹介しました。

年金について、あらためてメジャーリーグとプロ野球を比べると以下の通りです。

【メジャーリーグの年金制度】
・1日以上メジャーリーグに在籍していた選手に対して支払われる
・満額で毎年およそ2000万円(175000ドル)
・在籍1年ごとに額が変わる

【日本におけるプロ野球の年金制度】
・国民年金のみ
・人によるが、毎年80万円ほど
・選手は引退後のキャリアをしっかり考えなければならない

メジャーリーグの年金制度は、日本のプロ野球と比べてもかなり手厚いことがお分かりいただけたかと思います。

>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?