SEMINAR7/16(木)【大阪開催】第296回 投資信託選びの新常識セミナー

  • TOP
  • セミナー情報
  • 7/16(木)【大阪開催】第296回 投資信託選びの新常識セミナー
SUMMARY

セミナー内容

  • 参加者満足度95%、10,000人以上が参加した、大好評の投資信託セミナー
  • 投資信託の正しい選び方や、失敗しがちな落とし穴を2時間で学ぶ

概要

【 セミナー再開に伴い新型コロナウイルスに対する当社の対応について】

お客様の健康と安全を考慮し、以下の対応をさせていただきます。
講師と受講者様の距離、また受講者様間は十分な間隔を空けてお座りいただくように、配慮しております。

■セミナー参加時におけるご協力のお願い

・マスクをご着用ください

・アルコールによる手指消毒をお願いいたします

・37.5℃以上の発熱、のどの痛み、咳が出るなど自覚症状がある場合は、大変申し訳ございませんがセミナー参加をお断りすることがございます。
受講中であっても、体調がすぐれないと感じる方は日程変更・再受講などの配慮をいたします。
ご遠慮なくお申し出ください。

当社では、お客様が安心してセミナーにご参加いただけますよう最善を尽くして参ります。

テレビ東京系列「ガイアの夜明け」や、日本経済新聞「迫真」で紹介された、大好評の投資信託セミナー。投資信託や資産運用の初心者が引っ掛かりやすい落とし穴から、上級者も意外と知らない投資信託の選び方まで、徹底解説します。

手数料が安いインデックスファンドに騙された、人気ランキング上位の投資信託を買って損をした、分散投資は安全と聞いていたのに話が違う、などの失敗経験のある方は必見の内容です。

講師には2018年 楽天証券IFAカンファレンス ベスト・アセットグロース賞 1位を獲得したファイナンシャルスタンダードが登壇。累計10,000人以上が参加し、満足度95%を獲得した大好評のセミナーにぜひご参加ください。

※当セミナーでは商品の勧誘を行うことはございません。

開催日 2020/07/16(木) 14:00~16:00
会場 アプローズタワー (大阪府大阪市北区茶屋町19-19)
参加費 無料
定員 50名
主催者 ファイナンシャルスタンダード株式会社
アプローズタワー セミナー会場画像1
アプローズタワー セミナー会場画像2
PROGRAM

プログラム

第一部
絶対におさえておきたい証券投資の基本
1.はじめに
・講師プロフィール
・会社紹介

2.株式・債券について
・世の中のお金の流れ(短期)
・世の中のお金の流れ(長期)
・企業価値とは
・利益成長と株価の推移イメージ
・株価の公式
・長期的に世界の株式に分散投資をすることが良い理由
・債券のしくみ
・債券インデックスのリターン分析
・投資信託とは

第二部
なぜ投資信託で損をするのか
1.損をする理由とは
・投資信託選びの5つの疑問
・日本とアメリカ 個人の金融資産構成
・日米英の家計金融資産の推移
・相対収益型投信と絶対収益型投信
・損をする理由① 買いたくなるテーマ型投資信託
・損をする理由② 買いたくなる「毎月分配型」
・人気の投資信託の流れ

2.ファンドマネージャーの腕とは
・マーケットタイミングを計る
・銘柄を選ぶ力

LECTURER

講師

ファイナンシャルスタンダード株式会社 取締役 蒲谷 晃広

ファイナンシャルスタンダード株式会社
取締役 蒲谷 晃広

2006年大和証券株式会社入社。資産運用コンサルティングに従事。 その後、外資系保険会社を経て、2013年ファイナンシャルスタンダード株式会社に参画。 2016年取締役に就任。資産運用アドバイザーとして幅広い顧客層から支持を得ている。 「金融機関が教えてくれない本当に買うべき投資信託」(幻冬舎)の執筆協力を行う。 2015年度、楽天証券IFAサミットにて独立系フィナンシャルアドバイザーTOP10受賞。

講師プロフィールを詳しく見る

ACCESS MAP

アクセスマップ

会場の情報

アプローズタワー
大阪府大阪市北区茶屋町19-19
06-6377-5577
https://www.hhbm.hankyu-hanshin.co.jp/meeting/applause/access/

マップ

セミナーのお申し込み

  • 2020/07/16(木)
    14:00~16:00
  • 大阪府 / アプローズタワー
  • 無料
  • 空席状況:×
受付が終了しました

お電話でのお申し込み

06-6225-7565

対応時間:平日9:00〜18:00

当社についてもっと知りたい方はこちら

経済・金融の最新情報をお届けするメルマガと、
私たちについて詳しくご理解いただける資料をご用意しています。