ファイナンシャルスタンダード
03-6268-0900
無料相談
MEMBER'S VOICE Advisor

清水英孝

HidetakaShimizu
清水 英孝 顧問

顧問になった理由

私どもRML㈱は、日本の金融界にIFAという欧米型の金融サービスを根付かせたいという思いで独立開業いたしました。

IFA(Independent Financial Advisor)とは、特定の金融機関に属さず独立・中立的な立場からFPやPBサービスを行う金融のプロフェッショナルのことです。

日本では長きにわたり行政が縦割りだったため、銀行・証券・保険サービスがすべて分断された形で顧客に提供され、 その結果、顧客の人生全体を俯瞰したコンサルティングが不幸にもまったく行われてきませんでした。

このような中、私どもは保険に軸足を置き、IFAという業態を構築しようとしてまいりましたが、 証券の側からこのチャレンジをしているのが、ファイナンシャルスタンダードです。

証券分野において圧倒的なスピードで成長を遂げており、次世代の金融ビジネスを担うのは、 間違いなく福田社長であると確信し、生命保険分野をぜひともサポートしたいという思いで、顧問をお引き受けいたしました。

顧問として

生命保険の「出口」のコンサルに重きを置きます。 生命保険では、「入口」――すなわち加入時のコンサルに重きを置くというのが常識です。 もちろん、正しい保険設計も重要ですが、何より顧客が求めていることは、万が一のときに「正しく保険金を受取れる」ということです。

この出口の段階で、ハイスペックなコンサルタントが横に居るか居ないかにより、顧客の利益は大きく変わってしまいます。 ここにフォーカスしたコンサルタントは極めて少ないどころか、この時には既に業界を辞めてしまっている人がほとんどです。 これが、生保業界の最大の問題でもあるわけです。

ファイナンシャルスタンダードが、証券に軸足を置き顧客の長期的なケアをしながら、 最終的な保険金の支払時まで責任を持つIFAとなることができれば、金融界で稀有な存在となることができるでしょう。

メッセージ

ファイナンシャルプランナーと呼ばれる方々のコンサルの中身は、より多くのお金を無駄なく残し、 より殖やしていくというものではないでしょうか。

もちろん、その考え方を否定はしませんが、そのようなコンサルは、顧客の人生がすべて計画通りに進むことを前提としております。 ところが、人生は決して計画通りに進まないケースも、確率は低いながらもあります。

その確率は低いものの、巨大なリスクを埋め合わせるのが保険です。 保険というものは、FPや資産運用を補うものとして、人ひとりが人生を全うする上で不可欠なものであると考えます。

ぜひ、保険と証券をバランスよくコンサルできる業者選びをしていただきたいと思います。

Take a Rest/休日の過ごし方

趣味は釣りです。最も好きな釣りはブラックバスです。

最近は、釣り仲間が海釣りにハマっているので、その仲間と月に一度海で釣りをしております。