Words 用語解説集

ドル・コスト平均法

ドル・コスト平均法とは、価格が日々変わる金融商品を一度に購入するのではなく、一定額ずつ分けて購入することで、 平均買付単価を抑える方法。例えば積立投信などで毎月一定額を積み立てると、価格が高いときには少なく、 安いときには多く買い付けるため、毎月一定量(口数)を買う方法よりも、結果的に買付単価が平準化することになります。 価格が変動する金融商品は、たまたま価格が高い時に一度に購入すると、高値掴みをしてしまう恐れがあります。 また時間分散によるリスク軽減効果が期待できる。