Words 用語解説集

購買力平価説

為替相場の決定要因を各国貨幣の購買力から説明しようするもの。 外貨を求めるのは、互いにその国々の財・サービスを購入しようとするからで、 2国間の貨幣の交換比率は両国貨幣が自国で持つ購買力の比率によって決まるとする考え。 ビックマック指数がよく例えられるが、ビックマックが異なる国同士同一の価値で売られている場合は、 (日本で200円、米国で2$)その比率が適正為替レートだという。 (このケースだと1$=100円が成立)しかし、この説はいくつもの仮定があって成り立つ理論であり、 説明に行き詰まる点が多くあり、まったくの無意味だと論ずる学者も多い。