第4次産業革命とは、AIやIoTの進歩による自動化やパーソナライズ化が起こす産業構造の変化です。これにより経済や働き方が変わり、資産運用において取るべきアクションも変化します。とはいえ、具体的に第4次産業革命がどのような変革をもたらすのかはわかりにくいですよね。

そこで、この記事では、


  1. そもそも第4次産業革命とは。経済への影響

  2. すでに始まっている、第4次産業革命の事例3つ

  3. 第4次産業革命の課題



の順に、第4次産業革命について解説します。

「産業革命ってややこしそう…」と思うかもしれませんが、ポイントをしぼれば難しくありません。

まずはこの記事で、第4次産業革命について大まかに概要をご説明します。

第4次産業革命とは「AIやIoTによる産業構造の変化」
第4次産業革命とはカンタンに言うと「AIやIoTによる産業構造の変化」です。

第4次産業革命におけるポイントは、


  1. AIによる仕事の自動化や代替

  2. IoTによるあらゆる情報のデータ化



の2つ。これらの技術革新には、



  • 個人のデータを解析して、個別にカスタマイズした製品やサービスを提供できる

  • 人間がしていた仕事の補助や代替をして、生産性をアップできる

  • すでにあるデータもさらに効率よく利用できる




などのメリットがあります。AIやIoTは現在の日本経済の約4倍もの経済価値をもたらすという試算があるほど、第4次産業革命のインパクトは大きいのです。

とはいえ企業には公開できないデータもあるので、データ共有の際に肝心なデータは集まりにくいという課題もあります。

これまでの産業革命と第4次産業革命の違い
これまでの産業革命は、以下のような変化をもたらしました。



  • 第1次産業革命「蒸気機関など、機械化による労働の代替や効率アップ」

  • 第2次産業革命「石油や電力による、大量生産の実現」

  • 第3次産業革命「コンピュータやインターネットによる、自動化や効率化」



”産業革命”の名の通り、どれも生産性や効率を上げていますし、第4次産業革命についてもそれは同じです。

第4次産業革命における大きなポイントは「インターネットとリアルの融合」にあります。

あらゆるものがインターネットにつながることで、取れるデータの量が莫大に増え、これまで限定的だった効率化の範囲が拡大。これにより次から次へとオートメーション化され、結果として産業の効率が飛躍的にアップするのです。

すでに始まっている、第4次産業革命の事例3つ

第4次産業革命について、すでに始まっている事例は


  • AppleWatchのようなウェアラブル端末を活用した、自動での健康管理

  • Pepperのような、AIを搭載して人間と会話をするロボットの登場

  • マネーフォワードのように、スマートフォンで資産を管理するFintechアプリの台頭



などです。これらのデバイスやアプリをすでに使っている方も少なくないかと思います。
当然ながら、第4次産業革命が経済に与える影響は計り知れません。今後もこれまでは考えられなかったサービス・ビジネスが生まれてくることでしょう。我々の生活をより良くするサービスはしっかりとチェックしていきたいものですね。



>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?