「喫茶店の経営に興味がある。けど、カフェ経営は大変って聞くし、どうしたらうまくいくんだろう…」
「あの喫茶店全然お客さんがいないけどつぶれないな…」
と思っている方。
喫茶店やカフェの開業はビジネスの中でも人気が高く、コーヒーや紅茶が好きで喫茶店を開きたい方も少なくないはずです。

とはいえ、人気があるということは競争率も高く、喫茶店は考えなしに開業してしまうと失敗の確率が高いビジネスでもあります。

そこでこの記事では、喫茶店の経営で儲かる理由をパターン別に解説。経営というと難しく感じるかもしれませんが、結局は小さなコツの積み重ねのようです。

まずはこの記事で、失敗しない喫茶店のポイントをざっくりおさえましょう!

喫茶店の経営がやっていける理由
ここからは、喫茶店の経営がやっていける理由を、

  • コンセプトがはっきりしており、リピーター率が高い

  • 店内で物品販売をしている

  • 田舎で経費が安い


の順に紹介します。

・コンセプトがはっきりしており、リピーター率が高い
今やおいしいコーヒーはコンビニで100円払えば飲めるものになりました。そのため、喫茶店でいくらおいしいコーヒーを500円で提供しても、コーヒーだけでリピートしてもらうのは難しいです。

例えば、フランスの田舎にあるおしゃれなアパートをイメージしたカフェ「APPARTEMENT 301」など、コンセプトを明確にする必要があります。これにより、オリジナリティを打ち出すことができ、コンビニや大手コーヒーチェーンと差別化することが可能です。

・店内で物品販売をしている
店内の物品販売が収益の柱になっていることもあります。例えばオーガニックカフェで有機栽培のコーヒーや食品、調味料を販売するなど、お店のコンセプトに合った物品販売がおすすめです。

コンセプトによってお客さまのターゲットを絞っているので、購入率が高くなるようです。

・田舎や格安物件で経費が安い
田舎にある喫茶店や、都会でも条件があまりよくない格安物件で、経費をおさえることも必要です。

田舎やアクセスの悪い物件であっても、コンセプトがはっきりしておりお客さまが「来る理由」を作ることができれば、喫茶店を継続して経営できるようです。

補足:移動販売でコストをおさえる方法もあります
喫茶店からはやや話がそれますが、車で移動販売することでコストをおさえる方法もあります。移動販売でファンをつくって、すでに潜在的なお客さまがいる状態で喫茶店をオープンするのも、1つの方法です。

1日に何人のお客さまが来れば成り立つかを考えて、安定した喫茶店経営を
ここまで、喫茶店の経営をやっていける理由を紹介しました。

喫茶店において採算が取れるかどうかのラインは


  • 1日で「席数×6回転」


と昔から言われています。
つまり、10席ある喫茶店を成り立たせようとしたら、1日で「10席×6回転=60人」のお客さまに訪れてもらわなければなりません。

しかもこれは店舗を自分で持っており、家賃がない場合の計算です。誰かからお店を借りているとなると、さらに多くの回転数が必要になります。

また、もう一つの指標として「経常利益率10%」もチェックしたいポイントです。

経常利益とは「売上から変動費と固定費を引いたもの(経常利益)が売上全体に占める割合」のことで、成功している飲食店は10%以上の経常利益があります。

これから喫茶店を経営したい方は、自分のお店が『1日で「席数×6回転」』『経常利益率10%』に達するかどうかを、まず考えていきましょう。