長時間労働やパワハラを背景とする大手広告代理店の若手女性社員の痛ましい自殺をきっかけに、昨年から日本国内でこれまでの長時間労働一辺倒の働き方を見直そうという機運が高まっています。ワークライフバランスを取り戻すための取り組みのひとつとして注目されているのが、2月24日から実施される「プレミアムフライデー」です。今回はプレミアムプライデーに合わせた、各業界の動きや予想される経済効果を見ていきましょう。


2月24日から始まるプレミアムフライデーとは
プレミアムフライデーとは、毎月月末の金曜日には、仕事を午後3時までに終わらせて早い時間の帰宅や明るい時間の外出を促す、という官民双方が連携して推進する取り組みです。

企業が率先して従業員に早い時間の帰宅を呼び掛けることで、長時間労働の是正につながるほか、人々が街に出ることで消費が喚起されると期待されています。まずは、経団連に加盟している大企業から導入がはじまり、徐々に加盟企業以外の中小企業などにも波及していくと考えられています。

バブル時代には「ハナキン」という言葉があったほど、金曜日は多くの人が早めに職場を後にして街に繰り出したものでした。プレミアムフライデーの導入で、再び当時のように消費が盛り上がるのでしょうか。


プレミアムフライデーに期待される経済効果とは
第一生命経済研究所は、プレミアムフライデーの導入大企業の帰宅が早まっただけでも、「一日135億円の経済効果がある」と試算しています。さらに、制度が普及した場合の経済効果は1,236億円にも上るそうです。


プレムアムフライデーを狙った各業界の動き
まず、考えられるのが帰宅前の人を狙った居酒屋やレストラン、バーなどのハッピーアワーの拡充です。ビジネスマンの帰宅にあわせて、居酒屋などは午後5時以降のオープンという店が多いですが、プレミアムフライデーの開始で、午後3時以降のオープンとなる店が増えるかもしれません。また、一部店舗ではすでに、午後3時からをハッピーアワーとしてオトクな特典を用意しているようです。

金曜日の午後早く退社できるようになれば、週末をフル活用できるようになります。午後3時に退社して、そのまま新幹線や飛行機に乗り旅先に向かう、といった週末の小旅行も可能になります。金曜午後発のパッケージの拡充や、職場からそのまま現地に向かう人向けの荷物の配送プランなど、新たなサービス需要が生まれる可能性がありそうです。



>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?