4月1日から電力の自由化がスタートします。
これまでは東京電力や関西電力など地域で決められていた電力会社としか契約できなかったのですが、4月以降は新しく参入した新電力会社と契約することで、電気料金を抑えることが出来そうです。

 電力の次に自由化されるのは都市ガスです。
都市ガスが供給されている地域では電気と同じように東京ガスや大阪ガスなど地域のガス会社と契約を結びますが、2017年4月からは新しいガス会社が家庭用ガス市場に参入することができるようになります。

 では、新しいガス会社は、どのように家庭にガスを供給するのでしょう?新しい電力会社が既存の電線を利用しているように、新しいガス会社はこれまでに敷かれたガス管を共同利用することになります。そのため家庭ではガス会社を乗り換えても大きな工事は不要です。

 電力の自由化では東京ガスや大阪ガスのようなガス会社も電力市場に参入します。ガス自由化では、攻め込まれていた電力会社がガス市場に参入して料金競争を繰り広げることになりそうです。

 例えば大阪エリアでは4月から大阪ガスが関西電力の市場に挑み、17年4月からは関西電力が大阪ガスの市場に参入します。電力会社は火力発電所の燃料用としてガスを輸入しているため供給余力分を家庭向けの販売に回すことができるのです。

やがて電気とガスのセット販売も始まります。どの会社と契約すると家計に有利なのか、慎重に検討しましょう。



>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?