8月からのチャイナショック、米国利上げに対する警戒感。そんな世界経済の先行き不透明感を背景に相場が乱高下する中、様々な情報が錯綜し何を信じて投資をしたらいいのか分からない。

そんな中、今にわかに注目される「大富豪指数」とは?

 投資信託やファンドラップ等に代表される日本の金融商品において「プロに任せられる」という点に魅力を感じて投資したものの、満足の行く成果を得られず、がっかり。
それならばと、マネー雑誌でお勧めのインデックスファンドを購入したものの、鳴かず飛ばず。
そんな様々な投資経験を経た投資家が今、にわかに注目する指標があります。

 それは、投資で成功を遂げた大富豪達の保有銘柄を参考に、指数化をした「ビリオネア指数」
その大富豪のメンバーにはウォーレン•バフェットやジョージ•ソロスなど、運用に関心がある人なら一度は耳にしたことがある名立たる投資家ばかり。

 実際、投資哲学や運用手法は、そんな成功者達であってもそれぞれ異なります。
しかし、その投資対象に目を向けると、下記データを見れば分かる通り、いわゆる国際優良銘柄がずらり。
今後の運用成績についても非常に注目度が高い指数の一つです。
(なお、この指数は「Direxion iBillionaire Index ETF」としてニューヨーク証券取引所に上場しており、日本からの投資も可能です)

 一度は、書店の投資コーナーにずらりと並ぶバフェットやソロスの書籍を読み、成る程と理解したつもりになっても、実際に投資銘柄を発掘できず、TVや新聞から得る短期的な情報に惑わされ、結局は失敗しまった方も少なくないのではないでしょうか?

 そんな私達にとって「成功者に学ぶ」ビリオネアインデックスは、そんな当たり前の原点に回帰せてくれる指数ではないでしょうか?
指数の投資対象としての是非如何ではなく、短期的な情報に惑わされない基準作りの一助になって頂ければ幸いです。

 最後に、ウォーレン・バフェットは自伝において次のような言葉を残しています。
“人生は雪玉作りに似ている。大切なのは、大きい雪玉を作るに適した長い長い坂をみつけること”

是非皆様も自分に適した「坂」を見つけて頂ければ幸いです。
book.pdf



>>購入者の7割が不満?なぜあなたの投資信託選びは失敗するのか?